エッチな人妻出会い

  • 投稿日:
  • by

人妻出会い系で知り合って、交際を開始した人妻と初めてデートした時の事です。

その日は日曜でお互い仕事は休みでした。駅で待ち合わせし、私の方が早く着いたようなので相手を待っていました。
写メ交換の時はお互いフォーマルな格好だったので、カジュアルな格好だとどんな感じなのか想像してワクワクしておりました。
しかし、ワクワクする必要な無かったとすぐに気が付きました。

何と休日のデート(行き先は公園)だったのにも関わらずスーツで来ました。
決して引いた訳ではありませんが、こちらはカジュアルな格好だったので最初は少し驚きました。
出会いサイトの人妻曰く何を着ていくのか迷ったためスーツを着てきたとの事でした。スーツの方が落ち着くので例え休日であっても外出する時はスーツを着るそうです。
また、私服にお金をかけるのは少々勿体ないとも言いました。
まあそういう考え方もありでしょう。
真面目な人妻だという印象を受けました。

公園をブラブラ楽しくお話ししているうちに(将来何を目標に生きているかなど、やや気持ちを引き締まる内容でした)ランチタイムとなりました。
ランチの場所は「大戸屋」。熟女人妻も健康に気を使っており、定食系のご飯が一番栄養のバランスが良いし、色々な定食から選べそうです。
ちなみに中華料理は絶対アウトだそうです。
ランチにお洒落を求める人妻女性は「初デートのランチが大戸屋?」となるかもしれませんが私は大して気になりませんでした。
スポーツジム通いは毎週欠かさず、脂っこいお肉も食べるのを避けているなど若い女性にしては健康志向が高いのが分かりました。

男女平等という観点で見ると、そういった女性がいてもおかしくはないと納得しました。
大戸屋のポイントカードもためており、かなりお金には細かそうです。
私のオーダーした定食の方が50円ぐらい安かったのですが、なぜ50円安かったのかお店を出た後自分なりに検証もされていました。

結局、この人妻とは考え方の違いもありエッチには至りませんでした。
私の話を真面目に聞いてくれたり、普段真面目に考えていなかった事も語る機会を与えてくれたりと誠実な人ではありましたが、金銭面など少々細かすぎる所が合わなかったようです。

この人妻出会いSNSの体験を通して何を言いたかったかと言うと、自分の考え方と違って「あれ?」と思う面があってもなるべくポジティブにとらえるようにしましょう。
デートの楽しさが違ってきます。
私も「こういった考え方もあるのか~」となるべく思考転換するようにしました。

どんな相手にも自分から見て(「自分から見て」ここが重要です)良い所はあります。
私にとっては金銭面に細かすぎるというのはネガディブな印象となりましたが、場合によっては付き合っても浪費はしないというポジティブな見方もあります。
そして例えデート中に「自分とは合わないな」と一瞬思ったとしても、最後まで楽しむ姿勢でデートをしましょう。
せっかく自分の為に貴重な時間を使って会ってくれているのです。
(まあ自分自身も貴重な時間を使って相手と会っている訳ですが・・・)

きれいな人妻女性と出会ってエッチするまでのステップを楽しめる人妻出会いサイトきっかけのデートですが、色々な異性のタイプがいる事を改めて実感する「大人の恋愛社会科見学」という副産物もあると思います。エッチ人妻出会い

熟女出会いと巨乳

  • 投稿日:
  • by

出会いサイトのバストの大きな熟女はモテるのかどうか、この問題は昔から語られてきました。でも、どう考えても大きな胸が好きな人もいればそうではない人もいる。当たり前ですが。
結局はぽっちゃりが好きな人もいれば特に好きではない人がいるという事とあまり大差がない問題なのではないでしょうか?
なのに何故熟の胸に関してだけこんなに語られ続けているのでしょう?その理由はファーストインパクトではないでしょうか?

熟女出会い系で初対面の熟女と話をするのは誰しも緊張すると思います。目を合わせることが苦手な人も多くおのずと視線は下に向いてしまう。
そんな時相手の女性の胸が巨乳だったら・・・。やっぱり目が行きますよね。同性でもそうだと思います。

しかし、この時点で男性に女性への恋心があるのかと言われればNOです。ただ胸の大きな子だなといった印象を持つだけでしょう。では何故胸の大きな女の子はモテると思われがちなのでしょう。
以前の私は小さな胸にコンプレックスを抱えていました。学校では好きな男性に話しかけることも出来ず、告白なんて到底出来ない毎日でした。
そんな時にコンプレックスを脱却して自分に自信をつけるために厚いパッドをブラの中に忍ばせて登校してみました。
すると不思議と勇気も出てきて、自分から「おはよう」なんて挨拶も普通に彼に出来たんです。相手も普通に挨拶してくれたように感じました。その後も自信をつけた私は毎日パッドを入れて通学を続けたわけですが、ある時から彼の目線が胸にあることに気づきましたが、もっと仲良くなりたい気持ちがいっぱいで二人で遊ぶ約束が出来るくらいまで親しくなりました。
でも当日遊びに行く予定が急遽彼の家に行くことに変更になり、そこで私もやっと気づきました。
彼は私ではなく私の胸が目的だったんだなって。

やはり視覚的に大きな胸の子が異性に与えるファーストインパクトは大きいでしょう。
特に下心を持った男性たちには絶大です。しかし、それは本当にモテていると言えるのか?バストの小さな私としては自分に好意を寄せてくれる人が下心を持っているのか、真剣なのかまで気にしなくてはならないのは大変だろうなと思います。
しかし中にはその下心に気づかず、熟女出会いサイトやSNSで私はモテモテだわと喜んでいろいろな男性と付き合うバストの大きな女性もいるかもしれません。
もしかしたら、そういう熟女女性に対して同性の女性たちが軽蔑の意味も含めて使う言葉が「あの子、胸が大きいからモテるね」なのかもしれません。

「おばさん」は死語になる

  • 投稿日:
  • by

伯母さん・叔母さんではなく、年配の女性という意味で使う「おばさん」とは何歳以上を言うのでしょうか?
女性の容姿や言動に関係無く客観的な年齢で区別するにしても、30歳以上、30代後半、40歳以上あるいは既婚者なら30歳以上で独身なら40歳以上など人によって基準は曖昧です。それもそのはずで、「おばさん」の語源は、同音異義語である「叔母」「伯母」で、元来はその人から見て親と同世代の女性を意味する言葉で、絶対的な基準がそもそもありません。
ちなみに、「おばさん」は漢字で「小母さん」と表記されます。


このような相対的な意味を持つ言葉にある程度の基準を求めるとすると、その言葉を用いる人たちが属する社会背景を考慮しなければなりません。「おばさん」という言葉の場合は用いる人の年齢が基準ですので考慮すべきは、用いる人の年齢が平均的にどれぐらいであるか、つまり日本の平均年齢を考えてみます。平成24年の日本の平均年齢は45.5歳です。その親の世代となると60歳前半から60歳半ばとなります。
これを、「おばさん」と呼ぶのは少々無理があるように思えます。どちらかという「おばあさん」です。これは言葉の意味の変化は平均年齢の変化よりもずっと遅いと考えられますので(平均年齢の変化が異常に早いとも言える)、現在の平均年齢が「おばさん」という言葉のニュアンスにまだ反映されていないため生じるギャップです。言葉のニュアンスの変化が仮に100年かかると考えると、1920年の平均年齢が26歳から27歳ですのでその親の世代である45歳前後以上を現在では「おばさん」と呼ぶと考えてよいのではないでしょうか。さて、このまま平均年齢が上がり続けるとどうなるでしょうか?平均年齢の親の世代が平均寿命に差し掛かると「おばさん」という言葉は「おばあさん」と同義になりかも知れません。
しかも、「おばさん」という呼ばれることを女性は嫌悪しますので、女性の力が強くなるにつれて差別用語のように扱われて、最後は死語になるかも知れません。

おばさんとはズバリ何歳からなのか

  • 投稿日:
  • by

「おばさん」は、相手によって定義が変わるこれは女性にとって永遠のテーマだと思います。 外見で判断する人もいれば年齢で判断する人もいます。また年齢が若くても子供ができてしまえばおばさんと言われてしまいます。
いったいおばさんとは何歳からなのでしょう。
私がまだ10代の頃、20歳を超えた人はすごく大きな大人に見え、30を超えたらおばさんでした。
私が20代になり、30代前半の女性はかっこいいお姉さんでした。40を超えたらおばさんだと思うようになりました。
私が30代になり、30代の自分をおばさんだと思うことはあまりなく、40を超えた人を見るとおばさんだなと思います。

 一方で20代の前半で子供を産み、上の子が保育園に入ると〇〇ちゃんのおばちゃんと呼ばれるようになりました。その時点で私はもうおばさんです。年齢も若く見た目も老けているわけではないのに子供がいるとおばさんです。
30代になり、若いお母さん方から、あからさまにおばちゃんママだと言われるようになりました。
おばあさんと言う定義は相手によってその内容が大きく変わってしまうのです。相手がうんと年上の人なら30代はまだまだ若者です。相手が従来なら30越えたらオバサンです。
やはり私としては30を超えたらおばちゃんかなと思います。
いくら着飾ってもいくら化粧しても重力には勝てません。しわたるみくすみは隠しきれません。 でも、外見を全く気にしなかったり、なりふり構わず生活していたり、女を捨てたような外見の人は年齢に関係なくおばさんだなと思います。
相手によっておばさんの定義が変わるなら、いくつになってもおばあさんと言われないように女としての努力を続けたいなと思います。

何歳から熟女と呼ばれる

  • 投稿日:
  • by

いろいろ意見はあるでしょうが、熟女=経験年数と実力と威厳のある年齢、その他もろもろとして30歳以上だと思います
熟女が辞書などに明確な年齢の範囲がないように、熟女の定義は個人個人の判断に委ねられているところがあります。
私が安易に見た目で熟女かどうかを判断すると、小じわが目じりや口角に目立つ、髪の毛もぱさぱさでやつれた感じだと思うのですが、同時にそんな人を見かけたとき何歳かを想像すると大体40歳前後だと思います。
ただし、見た目を想像せずに、ぱっと熟女の年齢を思い浮かべば30代くらいかと思うのです。

結婚の適齢期を考えれば女性の場合、20歳から30歳まで経験と出会いを経て、30歳前後に結婚すれば、もし子供をつくり家族が増えた場合も、出産も育てる間も健康的な体で理想的な生活を送れると思います。
女性はいつか「母」か、もしくは姪や甥がいる意味でも「熟女」になります。
それでなくても、結婚時期を焦る状態の女性は、その余裕のなさが熟女っぽいのです。まだ遊んでいられると思っている若い年齢の女性ではなくなったあたりが、熟女の雰囲気があります。
余裕だけじゃなくて、死語を使ったり、古臭い考えだったり、体の関節が痛くなったり、ケチや意地悪や世話焼きなんか、どれをとっても年齢と関係なく熟女っぽい老化だと思います。
ただ、老化は悪いことばかりではないし、誰でも歳を取るのだから、老成は成長であって、熟女などと言われる歳は、もしかしたら20歳の成人を超えた第二の成人だとも思うのです。
人間の寿命は長くて80歳も生きれば十分だと思うので、その経過の途中に当たる40歳は折り返し地点で、後はよっぽど元気でない限り衰えていくばかりだと思います。

なので、以上のことを考えると、成人よりも世間を知り、社会に適応し、後輩も沢山居て、他人に常識を正しく教えることができる年齢は若くても30歳からだと思います。
事実、若輩である私を指導してくれた先輩で良い印象だと思った女性は30歳以上が多かったと思いますので、もうすぐ人生の折り返し地点を曲がる大人を、30歳以上の威厳ある女性を、敬意を持っておばさんを呼びたいと思います。

・何歳から熟女になるのかな
女性では、30歳から熟女になるでしょう。街を歩いていて、ナンパなどの声を掛けられなくなるとおばさんの雰囲気を醸し出しているということになるのではないでしょうか。
もちろん、30歳でも独身でおしゃれできれいな人はいます。それでも、熟女の仲間入りをしてきているのに、きれいということになります。
出産をすると、育児で追われて自分のことにかまっていられなくなり、すっかり熟女になります。若作りをしても、端々に、兆しが現れます。

例えば、ほうれい線が目立っていたり、毛穴が縦長になっていたり、膝裏の静脈が浮き出てきたり、顔もですが、手も荒れていたり、シワが目立ったり、白髪が増えたりという身体的なものが目立ってきます。精神的には、いつまでも若いという人も中にはいますが、案外自分は若いと思っていても、一緒にいる若い人からすると、自分の母親ぐらいの感覚でお付き合いをしているということもあります。
基礎代謝が落ちて太ってきて、背中にお肉がついたり、お腹がぽっこりするともう完全にでしょう。
スリムならいいのかなと思うのですが、スリムな人に多いのがやはり、顔の皺が目立つということでしょう。